What's New

組織内CSIRT向けインシデント管理ソリューションの販売を開始

2017/06/01

 ITサービスの総合プロバイダである株式会社ネットブレインズ(代表取締役:古畑 雅士、本社:東京都中央区)は、企業向けIT運用管理製品群を提供するゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:横浜市)と、企業向け統合型セキュリティプラットフォームのグローバルリーダーであるWatchGuard Technologiesの日本法人、ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社(社長執行役員:根岸正人、本社:東京都港区、以下ウォッチガード)の両社と協業し、3社の製品とサービスを連携させた情報セキュリティインシデント管理ソリューション「ServiceDesk Plus CSIRTモデル」の販売を、2017年6月1日より開始します。

 CSIRT(Computer Security Incident Response Team、シーサート)は、情報セキュリティインシデント(以下、インシデント)に関する事象やシステム・ソフトウェアの脆弱性情報を収集・分析し、攻撃予兆を把握するとともに、インシデント発生時の対応方針や手順の策定を実施する組織です。初動対応を誤れば経営危機にも発展しかねないインシデントの発生に備えて、今、企業内に組織内CSIRTを構築する企業が増加しています。

 組織内CSIRT向けインシデント管理ソリューション「ServiceDesk Plus CSIRTモデル」は、ゾーホージャパンが提供するITサービスマネジメントツール「ServiceDesk Plus」を情報基盤とした、組織内 CSIRTの事前対応型サービスと事後対応型サービスの一元管理を導入しやすい価格で実現する包括的なソリューションです。セキュリティ脅威の防御からインシデント検知後のトリアージ(優先順位付け)までに発生する報告や分類といったインシデント管理における非効率な手作業を減らすことで、迅速に解決すべきインシデントへの対応力を高めます。

 事前対応型サービスとして本ソリューションは、ウォッチガードの統合セキュリティアプライアンス「Fireboxシリーズ」によるセキュリティ脅威の検知と防御、膨大なセキュリティログデータをセキュリティ対策に有効なインテリジェンス(攻撃者サーバーのURLやIPアドレスなど)へ変換して監視・管理を実現する「WatchGuard Dimension」を提供します。さらにクライアント端末の脆弱性パッチ管理を行うためのゾーホージャパンのクライアント管理ツール「Desktop Central」の利用が可能です。これらのサービスを提供することで組織内CSIRTはコンスティチュエンシー(CSIRTサービス対象者)が安心して利用できるネットワーク・システムを提供できるようになります。
事後対応型サービスでは、「WatchGuard Dimension」から出力されたアラート情報を「ServiceDesk Plus」にインシデントとして取り込み、分類、脅威の優先度付けまでの自動化を実現します。さらに「ServiceDesk Plus」のIT資産管理機能と「Desktop Central」のクライアント管理機能の連携により、インシデントが影響を及ぼす可能性のあるビジネスサービスの特定を早めるだけではなく、組織内CSIRTと外部連携しているSOCやセキュリティベンダーとの容易な情報共有を可能にします。

ServiceDesk Plus CSIRTモデル

NBCSS

【信頼】低価格なのに充実対応!ITアウトソーシングの常識をNBCSSが変えていきます

ますます煩雑で高度化するIT管理。今すぐなんとかしたいけど、専任者を置く余裕もない。それなら月額5万円で利用できるNBCSSをお試し下さい

詳細はこちら

企業情報-オフィスツアー

ネットブレインズのペーパーレスオフィスを見学できます。

ネットブレインズは、残業を減らして生産性を高めるオフィスづくりを自ら実現しました

詳細はこちら

ブログ記事

中小企業にIT管理は不要!NBCSSにまるごとITアウトソーシング

中小企業にIT管理者や情報システム部門は必要ありません。専任者を雇う給料の3分の1以下のコストで完全アウトソーシングができます。えっ?そんなことまでやってくれるの!至れり尽くせりのサポートサービス「NBCSS」を紹介します。

詳細はこちら