What's New

ネットブレインズ、エフセキュアと共同でエンドポイント「統合」マネージメントサービスの提供を開始

2020/02/18

エンドポイント「脅威防御(EPP※1)+感染検知(EDR※2)+運用/対策(Management)」を「統合」した「ワンストップ」セキュリティサービス

IT運用アウトソーシング、セキュリティサービスプロバイダである、株式会社ネットブレインズ(東京都中央区 代表 古畑 雅士 以下ネットブレインズ)は、フィンランドF-Secure Corporation (以下、エフセキュア) の先進的エンドポイント製品と、ネットブレインズ独自のマネージメントサービスを組み合わせたエンドポイント統合マネージメントサービス「NBRS(NetBrains Remote Service)forエンドポイントセキュリティ」を、2020年2月13日より提供開始します。

【背景】
昨今猛威を振るっている「Emotet」に代表される、高度な標的型攻撃やファイルレス攻撃のなどの脅威の進化に伴い、従来の「防御」中心の対策のみではなく、「万が一の感染にいかに早く気づき、対処するか」が重要なテーマとなっております。これに対応するには「防御~感染検知~対応」に複数の製品及び機能を統合的に活用した一連の運用及び取組みが必要となります。
しかしながら既存利用製品の仕様の違い、ツール運用の難易度の高さ、コスト負担の大きさなどから、特に中小中堅企業においては、その導入に踏み切れないことが課題となっております。
ネットブレインズは、これまでUTMを活用した「ネットワークセキュリティマネージドサービス」を、およそ4000社の企業に提供させていただいております。企業の情報資産がパソコン(エンドポイント)に存在すること、それが脅威の最終ゴールであるがゆえに、エンドポイントを狙う脅威の増加/進化するという現状を鑑み、この度、これまでのネットワークセキュリティ(UTM)による「入口/出口対策」加え、「内部対策」としてエフセキュアの先進的エンドポイント製品(EPP※1+EDR※2)と弊社マネージメントサービス組み合わせた新たなサービスを提供開始します。
今回の新サービスは、従来バラバラでの導入を余儀なくされた、エンドポイント製品によるセキュリティ脅威対策を「運用含めワンストップでご提供すること」を最大の特徴としております。

【特徴】
1.「脅威防御(EPP※1)+感染検知(EDR※2)+運用/対策(Management)」のワンストップ「統合」サービス
※本サービスは以下三つの製品/サービスを一体的にご利用いただくことを前提としております。
・脅威防御:F-Secure Protection Service for Business
・感染検知:F-Secure Rapid Detection & Response
・対策:ネットブレインズマネージメントサービス

2.中小中堅企業に特化したサービス
・10名~500名規模ユーザ向けに特化した、仕様、コスト感でのご提供
※仕様及び費用の詳細に関しては別途お問い合わせください。

3.サービス概要
・事前予防措置:個別ヒアリングによる、簡易的なアプリケーションバージョン管理、デバイス制御 、Personal Firewallポリシー適用の事前定義及び実行
※F-Secure Protection Service for Businessの機能を活用
・監視:稼働監視(動作、インシデント、バージョン管理)
・インシデント対応:通知並びに、感染端末の自動隔離(弊社規定閾値による)
・感染原因解析:Broad Context Detectionの相関分析情報の解析
・問い合わせ対応窓口:Email、電話による。平日9:00~17:00

※1 EPP(Endpoint Protection Platform:エンドポイント保護プラットフォーム)
※2 EDR(Endpoint Detection and Response:エンドポイントの感染検知及び、その後の対応実施)

【サービスイメージ】

【エンドースメント】
サービスの提供開始にあたり、エフセキュアのアジアパシフィック地域担当バイスプレジデントであるKeith Martin (キース・マーティン) 氏は次のように述べています。
「多くのユーザを持つネットブレインズと、エンドポイントでの統合セキュリティサービスでの協業を開始できることを嬉しく思います。より高度化/巧妙化する脅威に対しては、防御だけはなく検知/対応がますます重要となっています。今回の協業は弊社の日本市場への強いコミットメントの現れです。」

【ネットブレインズについて】
ネットブレインズは「ITで日本の中小企業を元気に」をスローガンに、ITインフラやセキュリティ、
災害対策に関する製品やサービスを、1995年に創業後25年にわたり提供しております。
これまで培ったITインフラ構築のノウハウを活用したITアウトソーシングサービス(NBCSS)を2009年より展開、これまで30社以上のお客様に提供。その満足度の高さから、その継続率は90%を超えます。ITアウトソーシングサービス(NBCSS)以外にも、情報セキュリティサービスに特化したマネージメントサービス(NBRS)を2015年より展開、独自のUTM多層防御マネージメントサービスをパートナを通じて、およそ4000社に提供しております。セキュリティ、サーバー、クラウド等それぞれのスペシャリストがおり、ITに関してお客様が抱えている問題やお悩みを共に解決する集団です。
また、これまで提供してきた知見を社内でも積極的活用、テレワークや業務効率化に取り組んでおり、そのノウハウからお客様の働き方改革に貢献できるようなコンサルティングも行っております。

【エフセキュアについて】
1988年の設立以来、F-Secure (エフセキュア) は30年以上にわたりサイバー・セキュリティの技術革新を牽引し、数千社の企業と数百万人のユーザを守ってきました。
優れたセキュリティコンサルタント、数多くの受賞歴を誇るソフトウェア、進化し続ける革新的なセキュリティ対策に関するAIテクノロジー、そして「検知と対応」。これらの橋渡しをするのがエフセキュアです。エフセキュア製品はグローバルなトップクラスのチャネルパートナー、200社以上のサービスプロバイダーを通じて販売されており、本社をフィンランド・ヘルシンキに、日本法人であるエフセキュア株式会社を東京都港区に置いています。https://www.f-secure.com/ja_JP/

【リリースに関するお問合先】
Email: marketing@netbrains.co.jp
TEL: 03-5550-6363
担当:守屋

NBCSS

【信頼】低価格なのに充実対応!ITアウトソーシングの常識をNBCSSが変えていきます

ますます煩雑で高度化するIT管理。今すぐなんとかしたいけど、専任者を置く余裕もない。それなら月額5万円で利用できるNBCSSをお試し下さい

詳細はこちら

企業情報-オフィスツアー

ネットブレインズのペーパーレスオフィスを見学できます。

ネットブレインズは、残業を減らして生産性を高めるオフィスづくりを自ら実現しました

詳細はこちら

ブログ記事

中小企業にIT管理は不要!NBCSSにまるごとITアウトソーシング

中小企業にIT管理者や情報システム部門は必要ありません。専任者を雇う給料の3分の1以下のコストで完全アウトソーシングができます。えっ?そんなことまでやってくれるの!至れり尽くせりのサポートサービス「NBCSS」を紹介します。

詳細はこちら