F-Secure

F-Secure プロテクションサービスビジネス(PSB)は、パッチ管理、モバイルデバイス管理、およびパスワード管理を備えた唯一の統合型マルチエエンドポイントセキュリティソリューションです。

主な特徴
  • ベストプロテクション

    ・第三者機関AV-Testで5回受賞

  • 統合型セキュリティ対策

    ・全てのエンドポイントを保護

    ・パッチ管理

    ・高度なセキュリティ対策新機能Data Guard(データガード)

  • コスト削減

    ・管理サーバ不要

    ・簡単インストール

    ・エンドポイントの可視化により簡単管理 Guard(データガード)

<製品ラインナップは2種類>

PSB Computer Protection PSB Computer Protection Premium
アンチウイルス
DeepGuard (サンドボックス/振る舞い検知)
ファイアウォール ○ (Windowsファイアウォール) ○ (Windowsファイアウォール)
危険なWebサイト接続防止
URLフィルタリング
バンキングサイト接続保護
デバイス制御
ソフトウェアアップデータ (バッチ管理)
DataGuard(ランサムウェア防御)
アプリケーション制御

 

データガードにより

ランサムウェア等の高度な脅威対策

新機能データガード(DataGuard)により、 大事なファイルやフォルダの変更や書き込みを防御します。

・PSB Computer Protectionに搭載されているDataGuardにより、ランサムウェア等の高度なセキュリティ脅威がユーザの大事なファイルの変更を阻止します。

・アドバンスト・ビヘイビア・ブロッキング機能と連携し、常に最新のランサムウェアに対処することが可能です。

ディープガードで未知のウイルス対策

エフセキュア最新テクノロジー ディープガードを利用することで未知のウイルス対策!!

・エフセキュア ディープガードは、怪しいプログラム(未知のウイルスの可能性が高いもの)を安全な領域(仮想サンドボックス)で、その挙動を観察(ふるまい監視)し、感染を防ぐ最新のテクノロジーです。ディープガードでは、判断に要する時間の短縮を情報の共有化(レピュテーションネットワーク)により実現しています。

・ディープガードはウイルス対策機能に標準搭載された仮想サンドボックステクノロジーで、端末側で動作するため、ネットワークアプライアンス型サンドボックスでは対応できない対策が可能です。

ディープガードの仕組み

ソフトウェアアップデータ
(修正パッチマネジメント)による
脆弱性対策

OSの脆弱性だけでなく、その上で稼動するアプリケーションもマルウェアに悪用されます。 常にOSとサードパーティアプリケーションの修正パッチ適用状況の可視化することで脆弱性対策を行えます。

・日々リリースされるOSやサードパーティアプリケーションの修正パッチ適用状況を可視化し、必要に応じて適用させることで最新の状況に保ちます。

・特定端末やドメイン単位でセキュリティポリシーを設定し、一斉に配信することができます。企業のコンプライアンス強化のためのコーポレート セキュリティポリシー運用監視を実現します。

PSB管理ポータル画面