セキュリティの取り組み


ISMS認証(ISO27001:2013)

ネットブレインズは自社サービスの運用および業務遂行に至る過程において機密情報や重要データを取り扱う機会が多いことから、組織としての管理・従業員の意識付けを重視し、情報セキュリティの強化に取り組んでおります。2008年10月にISMS認証を取得し情報セキュリティサービス事業者としての責任を果たすために日々徹底した管理体制をとっております。

WatchGuardのディストリビューター

昨今のサイバー攻撃の脅威に対処するためにはファイヤーウォール製品では不十分でありアプリケーションレイヤーまでの対策が必要となっております。
そのような背景からネットワークセキュリティ製品の代表格であるUTM。その中で高いパフォーマンスを発揮するウォッチガード・テクノロジー・ジャパンのディストリビューター(一次取扱店)として2014年1月から4,000台(2018年9月現在)の販売実績がございます。当社の強みであるネットワークインテグレーションと製品の強みを最大限に活かし、進化する脅威に対処するための各種ソリューションを提供いたします。

マネージドセキュリティサービス
(MSS : Managed Security Service)

情報セキュリティを維持するためには、ネットワーク、サーバー、アプリケーションに関する知識や経験が必要となり、加えて、その運用には、それぞれの機器の運用に必要な人手はもちろん、脆弱性や不正アクセスの手法等の幅広い知見を持った人材が必要になります。ネットブレインズはウォッチガード製品を中心としたセキュリティの専門知識を有する人材による運用面のご支援はもちろん、それらの知識・経験・知見をサービスとしてご提供することが可能です。