取扱製品
ServiceDeskPlus

IT管理ツールを変えたら、こんなに効率化できました。

サービスデスクツール刷新で起票作業を40%削減

事例1国内大手輸送会社

国内大手輸送会社

【課題】

国内大手輸送会社では、サービスデスク業務の効率化を図るため、「グループウェア関連」「PC関連」の2つの問い合わせ窓口と資産管理を1つに統合しました。しかし、問い合わせ管理システムと資産管理システムはそれぞれ別のシステムとして運用していたため、インシデント情報の重複入力やシステムのレスポンス低下といった管理運用上の課題が大きくなっていました。
こうした課題を解決するべく、従来のサービスデスクツールを刷新し、3つに分かれていた管理システムを統合することを決断しました。

【ツールの選定・導入作業】

ツール導入にあたっての必須要件は、
・インシデントを一元管理できること
・システムのレスポンスを向上できること
・資産のインベントリ情報を自動収集できること
複数の製品を比較・検討した結果、上記の要件を活かし、かつ低コストであったServiceDesk Plusが選ばれました。

実際の導入に際しては、豊富なノウハウと導入経験を持つネットブレインズに委託。検証開始から約3カ月で導入作業を開始し、そこからおよそ2カ月で本番稼働を開始しました。稼働開始直後はレスポンスが遅くなるという問題が発生しましたが、ネットブレインズがメモリ管理設定のチューニングを行い迅速に解決しました。

現在は、約7人のオペレーターが月2,500件の問い合わせを受け付け、全国120人強のエンジニアが対応。グループ約50社のシステムと約2万台のPCを管理しています。

ネットワーク構成図

【導入効果】

・レスポンスが早く、使い勝手も良いため、1カ月程度で使いこなせるようになった
・インシデントごとのメールのスレッド化により、問い合わせ経緯の把握や案件の管理が非常に容易になった
・メールをインシデントとして自動で起票するため、従来に比べて起票作業にかかる時間の約40%の削減に成功した
・各地の運用スタッフの中で、ツールの利用が促進された


ServiceDesk Plus:選べるライセンスとEdition

ServiceDesk Plusでは、オンプレミス版とクラウド版の2つのサービス提供形態、通常ライセンスと年間ライセンスという2つのライセンス、装備機能の異なる3つのEditionからお選びいただけます。

■オンプレミス版クラウド版の違い

オンプレミス版
ServiceDesk Plus
クラウド版
ServiceDesk Plus On-Demand
メリット ●自社のセキュアな環境でのデータ管理
●自社で製品アップデートをコントロールできる
●社外との情報共有が容易
●サーバーなど物理的な投資が不要
●自社で製品アップデート作業が不要
デメリット ●サーバーなど物理的な設備投資と維持管理が必要

●自社での製品アップデート作業が必要
●社外との情報共有に特別な設定が必要

●データの保管先は Zoho  Corporatoin データセンター(国外)
●製品アップデートは自動的に適用される

■通常ライセンスと年間ライセンスの違い

・通常ライセンス:製品の利用に対して一括で料金を支払う方式です。初年度の保守サポートサービスが含まれています。2年目以降の年間保守サポートサービスについては、別途、年間保守サポートサービスの購入が必要です。2年目以降に年間保守サポートサービスを購入されない場合でも、製品を継続して利用することが可能です。

・年間ライセンス:製品の利用に対して1年ごとに料金を支払うライセンス方式であり、保守サポートサービスが含まれています。1年を経過するたびにライセンスの更新が必要です。

■Editionによる装備機能の違い

Enterprise Edition Professional Edition Standard Edition
インシデント管理
ナレッジベース
ダッシュボード
セルフサービスポータル
レポート生成
API連携
資産管理 ×
購買管理 ×
契約管理 ×
問題管理 × ×
変更管理 × ×
プロジェクト管理 × ×
CMDB
(構成管理データベース)

(※注)
× ×
サービス要求管理
サービスカタログ
× ×

ServiceDesk Plus:評価版ダウンロード

オンプレミス版もクラウド版も、30日間無料ですべての機能を試用できます。評価期間中は、メールによる技術サポートも無償で提供されます。また、評価版の試用期間を延長できます。

導入支援サービスの利用で構築期間を圧縮できます!

企業のITシステムの設計、構築、保守、運用サービスを行うネットブレインズでは、ServiceDesk Plusの導入支援サービスを有償で提供しています。

ネットブレインズは、ServiceDesk Plusを実際に自社のヘルプデスクツールとして導入するだけでなく、お客様への導入支援も多数行うなどして、豊富な運用ノウハウと導入経験を蓄積してきました。

ツールの説明から現状分析、システムの設定、サービスインまで、導入までの全プロセスをサポートします。お客様はより簡単に、短期間でITサービスマネジメントのシステムを構築できます。

流れ

取扱製品一覧ページへ

NBCSS

【信頼】低価格なのに充実対応!ITアウトソーシングの常識をNBCSSが変えていきます

ますます煩雑で高度化するIT管理。今すぐなんとかしたいけど、専任者を置く余裕もない。それなら月額5万円で利用できるNBCSSをお試し下さい

詳細はこちら

企業情報-オフィスツアー

ネットブレインズのペーパーレスオフィスを見学できます。

ネットブレインズは、残業を減らして生産性を高めるオフィスづくりを自ら実現しました

詳細はこちら